天然石アクセサリーのお手入れ方法

☆汗やよごれのクリーニング

やわらかい布で優しく拭いてください。

☆浄化について

天然石の浄化とは、パソコンやスマートフォンに例えると、ウェブデータの履歴を消去してクリーンナップするようなものと考えていただくとわかりやすいでしょうか。

持ち主さまの感情、体調、周囲の環境などの「履歴」が、天然石に蓄積されてきますので、それを定期的に取り除いてクリーンナップしてあげると、天然石の働きが軽やかに明瞭になります。

とはいっても、けして神経質になる必要はなく、必要だなと感じれば、感じるままに、ケアしてやるのがよいのではないかな、と考えています。

四角四面に「こうあるべき。こうするべき」ととらわれるのではなく、「いま、自分はどう感じるか?」を大切にしていただきたいと思っています。

すこし石が疲れているような「感じ」、なんとなくスッキリしている「感じ」、以前より輝きが増したような「感じ」…などなど、自由に感じて、感じるままに、ご自身の感性に従ってみてください。

「感じる」ことに間違い、不正解はありません。ご自身の感覚を大切に大切に尊重していただきたいと思います。

✳︎浄化にはいくつかの方法があります。オーソドックスな浄化方法をいくつかご紹介します。どの方法を選ぶかも、感性とお好みですが、石によっては鉱物的性質上、あまり向かない浄化方法もありますので、その点はご注意ください。

✳︎✳︎✳︎
⚪︎水晶クラスターによる浄化

水晶の結晶が集まって形成されたツクツクした形のものを水晶クラスターと言います。そのクラスターの上に天然石アクセサリーをしばらくの間置いておきます。おやすみ前にアクセサリーをはずして寝ている間クラスターの上で休ませておくという方も多くいらっしゃいます。

✳︎✳︎✳︎
⚪︎水晶サザレによる浄化

水晶サザレとは、小さなチップ状の水晶です。小皿のようなものにサザレをしきつめ、その上に天然石アクセサリーを休ませます。水晶サザレは水晶クラスターより安価です。

✳︎✳︎✳︎
⚪︎日光浴

陽のあたる窓辺やベランダに天然石アクセサリーを置いておきます。(日光により褪色する石もあります。が、個人的な経験上、褪色に対してあまり神経質になる必要はないように思います。)

✳︎✳︎✳︎
⚪︎月光浴

満月の夜などに、窓辺やベランダに天然石アクセサリーを置いておきます。

✳︎✳︎✳︎
⚪︎流水による浄化

ザルなどに天然石アクセサリーを入れ、水道水をしばらく流します。(水に弱い石もありますので注意が必要です。また、金属を使用しているアクセサリーにもあまりオススメできません。)

✳︎✳︎✳︎

⚪︎煙による浄化

乾燥したホワイトセージに火をつけ炎を消すと、お香のように煙が立ちのぼります。その煙に天然石アクセサリーをくぐらせます。

✳︎✳︎✳︎

⚪︎音による浄化

クリスタルチューナー、ティンシャなど。音を鳴らすことにより、音の振動で浄化します。

✳︎✳︎✳︎
⚪︎エッセンスによる浄化

オーラソーマ製品クイントエッセンス「セラピスベイ」、スマッジングウォーターなど。